美容やダイエットに最適!スーパーフード「デーツ」の効果について

その他

こんにちは。Noriです。
近年、ドライフルーツの中でも人気が高まり、スーパーフードと言われている「デーツ」をご存じでしょうか?
近年注目されているデーツの紹介です!

デーツとは?

デーツとはナツメヤシの実のことで、 甘くて美味しいだけでなく、デーツは身体に大切な栄養素がぎっしり含まれており、健康面や美容面において特に注目されるようになってきています。

デーツはイラクやアラブ諸国、西は北アフリカのモロッコまでの広い地域で、古くから重要な食物となっており、イスラム諸国では、デーツはラマダン明けに最初に取る食事としても有名です。
他のドライフルーツなどに比べ日本では馴染みが薄いですが、糖度が高い割に血糖値を上げづらいのが特徴で、栄養価も高く、近年健康的な甘味として注目されています。

デーツに含まれる栄養素

デーツは砂漠の過酷な条件で生育し、その生命力の強さから「生命の樹」と呼ばれています。

デーツはカリウム 、マグネシウム 、鉄 、銅 、亜鉛 、ビタミンE等さまざまな栄養素を含んでいます。

デーツは食物繊が特に豊富で、カリウムやマグネシウムなどのミネラルも含んでいます。糖の成分は、ブドウ糖と果糖が主で、ブドウ糖は運動や仕事・勉強中の即効性の高いエネルギー補給にも適しています。
また、複数の抗酸化物質が含まれており、糖尿病やアルツハイマー病などに効果が期待されているフラボノイド。心臓病のリスクを低減させると考えられているカロテノイドなども含まれています。

デーツのポリフェノール濃度はドライフルーツの中でも最も高いとされ、生活習慣病の予防効果やアンチエイジング効果、美容効果なども期待できそうです。
銅含有量もトップレベルに含んでおり、貧血予防や免疫力アップに嬉しい果物なのです。

そして栄養分は、乾燥し、日数が経過しても効果がほとんど失われないのが大きな魅力です。

デーツはダイエットにも最適な食材

デーツはさまざまな栄養素が豊富に含まれた栄養価が高い食品です。比較的低カロリーです。1つの実(20g程度)は54kcalであるため、カロリー制限を行うダイエットの場合でも、罪悪感なく食べられる点が魅力です。また、デーツは脂質も少なく、100gあたりの脂質はたったの0.2g。脂質の量が気になる方には嬉しいポイントです。

デーツの種類やおすすめ

デーツは、種類がかなり多いですが、日本で主に出回っているのは10~15種類です。
今回は数あるデーツの中から、日本で手に入りやすいものを中心にいくつかご紹介します。
デーツの主な産地は中東産とアメリカ産に分けられます。

マジョール種・リグレット・ノア種・コラス種・ピアロム種・サイヤー種
カラース種・ハラウィ種・セキー種・スタメラン種・クナイジ種
ファード種・ファルコン種・ザヘディ種などです。

おすすめは

【UAE産】クナイジ種

クナイジ種:まるで黒糖・干し柿のような天然の甘味と綺麗なブラックの色が特徴です。カラース種よりも濃厚な甘みです。

【アメリカ産】マジョール種

マジョール種:大粒で果肉が厚くふかし芋のようなねっとりとした上品な甘みが強い品種です。

【サウジアラビア産】マジョール種

個人的な好みもあるので、いろいろ食べ比べてみると良いですね。

個人的にはデーツは、そのまま食べるのが美味しい食べ方だと思います。

コーヒー、紅茶によく合いますので、お茶請けとして召し上がってください。

まとめ

美容やダイエットにも最適な良いことずくめなスーパーフード!
最近はスーパーなどでも手軽に変えて国や品種も豊富で様々なメーカーから販売しています。

いろいろ食べ比べてご自身のお好みを探してみてはいかがでしょうか

にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました