モヒートの本場キューバ発祥のミント!モヒートミント(イエルバ・ブエナ)の育て方

ガーデニング

こんにちは、Noriです。
「イエルバ・ブエナ」というミントをご存じでしょうか?
モヒートミントやキューバミントとも呼ばれており、本場キューバのモヒートは「イエルバブエナ」を使うそうです。
先日、私の家にもお迎えした「イエルバブエナ」の育て方を紹介していきます。

イエルバ・ブエナとは?

スペアミントとアップルミント(パイナップルミント)の交配種である「Mentha Nemorosa」を指すのが一般的です。
スペイン語で「良いハーブ」という意味です。
日本ではスペアミント、ペパーミントを使ってモヒートを提供するお店がほとんどですが、キューバではこのハーブを使います。
イエルバブエナは、スペアミントの爽やかな香りとも、ペパーミントのキレがある香りとも違う。優しく、自然で爽やかな感じでほんのり甘みがあります。
モヒート以外ではノンアルコールのモヒートや生でサラダに入れて食べたり、ミントティー、お風呂に入れてハーブ風呂、にも適しています。

育て方、増やし方

一般的なミントと一緒です。
ミントは寒帯や中南米、インド中部、西アフリカを除き、世界中に生息するシソ科ハッカ属に分類される多年草(まれに一年草)です。
ミントの多くは多年草で、冬の寒さで地上部が枯れても春になると再び芽吹きます。

日当たり

日当たりの良い場所を好みますが、日が当たり過ぎると、葉焼けを起こします。
日陰だと香りも弱く、育ちも悪いので、半日陰くらいが丁度よいです。

水やり

乾燥を嫌うので、乾燥させないよう、保水性のいい土に植えてあげましょう。
ホームセンター、100円ショップなどで売っているハーブ用の土が一番お手軽です。
しかし、蒸れることを嫌うので、葉が茂り、風通しが悪くなった場合、収穫を兼ねて風通しを良くしてあげます。

増やし方

ミントは水挿しや株分け、種を採取する事で増やすことができます。
ミントを増やすなら水挿しが一番確実に増えて簡単でお勧めです。
水差しは水の入ったコップに切った枝を挿しておき、根が出たらポットに植え替えるだけです。確実に根付くまでは直射日光が当たらない風通しのよい場所で管理します。また、土が水切れを起こさないように定期的に水をあげた方がいいです。

枝の部分の葉をとり、水に一週間くらい根が出るまで漬けます

生育が旺盛で増えやすいので、地植えにする場合は仕切りを使って根が広がるのを防ぎます。
初心者の方は、地植えより、鉢植えの方が管理が簡単だと思います。
約一ヶ月でこんなにも成長します!

2020/5/30撮影
2020/6/26撮影

2021年も根っこが生きていたため、何もせずに勝手に生えてきました!

これで今年もおいしいモヒートが楽しめそうです!!

2021/4/15撮影

まとめ

ベランダでも簡単に育てられます。
モヒートが好きならぜひ日本では珍しい「イエルバ・ブエナ」を育ててみてはいかがでしょうか。
普通のモヒートとは一味違う、本場のモヒートが楽しめます。
モヒートの作り方はこちらから!
簡単に増やせて美味しいミント是非試してみてください。

▽イエルバブエナの苗はネットでは売っているところが少ないですが今のところこちらで購入出来ます

ほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました