子供から大人まで楽しめる初心者にも簡単な手長エビ釣り!

釣り

こんにちは、Noriです。
簡単、お手軽、食べて美味しい。
そんな良いとこどりの釣りがテナガエビ釣り。
誰でも楽しめるターゲットでもあり、ファミリーフィッシング、釣りビギナーにおすすめです。
また、都内でも様々な場所に生息している為、短い時間でもサクッと楽しめます。
今日はおすすめの手長エビ釣りについてご紹介!

テナガエビとは?

テナガエビは、日本全国に生息するエビの仲間です。
オスは名前のとおり細長く伸びた腕を持っていて、第2胸脚が、大形の雄では体長の2倍に達します。
基本的には夜行性ですが、日中でも姿を見ることはできます。
石の下や護岸の隙間など、薄暗い環境を好んで活動し、釣りのターゲットになります。繁殖期は、初夏から秋口。この時期に浅場へと上がってくるため、釣りのシーズンともなります。
肉食性で、小魚や水性昆虫などを捕食しています。
大きなオスは20cm以上にもなり(腕を含めたサイズ)、鋭い引きで楽しませてくれます。

釣り方

テナガエビは基本的に夜行性の生き物なので、直射日光が当たる場所にはほとんど出て来ません。
障害物のすき間など、身を隠せるポイントに多く潜んでいます。
潜んで居そうな隙間に餌を落とし、食いつかせるだけの簡単な釣り方です!

多摩川のポイント例
必要なもの
  • 竿
  • 仕掛け
  • エアポンプ+バケツ
  • ピンセット
  • ハサミ

竿は専用の物や小物釣り用の振り出しザオを使用するのが一般的。足元近くを探るだけなら1.5~2m程度、少し沖をねらう場合などには3m前後の長さがあると便利。

▽180cmの小型万能竿


OGK(オージーケー) ロッド 小魚名人 小魚万能竿 180


テナガエビ釣りの仕掛けが売っているのでそれが無難です。針は小さい方が掛かりやすくオススメ。

▽テナガエビ用仕掛け


ささめ針(SASAME) W-600 手長エビ玉ウキ 3-0.4

餌は赤虫やミミズが一般的ですが、苦手な方は乾燥サクラ海老や魚肉ソーセージなどでも釣ることが出来ます。でっも、やはり生餌の方が食いつきは良いです!

生かしたまま持ち帰るにはエアーポンプが必要です。

▽エアーポンプ


エアーポンプ エアポンプ 釣り用 小型 単3電池 乾電池 長時間稼働

▽折り畳み式バケツ


Huayicun バッカン 釣りバケツ 屋外折りたたみ EVA製 収納コンテナ 釣り用ケース ハンドル付き アウトドアに最適 容量24L

釣ったテナガエビの食べ方

釣ったテナガエビは泥を抜かなくても食べられないことはないですが、意外と体内に汚れた泥をため込んでいることもあるので泥抜きするのがおすすめです。

方法は、エアーポンプを入れたバケツに水(水道水でもOK)を入れて汚れたら、水の入れ替えを行うだけです。
後は、お好みの食べ方で召し上がってください。
私は断然、から揚げ、素揚げが美味しいと思います。

まとめ

簡単な説明になってしまいましたがいかがだったでしょうか。
本当に簡単に始めることが出来ますし、子供の頃にやったザリガニ釣りとさほど変わりません。
竿や仕掛けも100円SHOPで売っているものでも十分代用できます。
自分で釣ったテナガエビは格別です!
手軽な釣りなので是非お試しください。

にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました