廃虚不動産投資 PART9

廃虚不動産

こんばんは、Noriです!

今回は赤羽方面に行ってきました。

大体の相場を調べるために赤羽で安い物件を探し、内見させて頂くことに!

そのついでに空き家も探してみました。

赤羽は飲み屋街のイメージでしたが、イメージそのままで昼から飲んでいる人がたくさんいました。

また、昼過ぎなのにキャバクラのキャッチが居たり、なかなかすごい街だなと。

まずは内見した物件を

赤羽駅徒歩14分

築年数70年

共同トイレ、風呂無し、4.5帖

こちらの条件でいくらだと思いますか?

薄暗い廊下をとおり、部屋を見せてもらったら、部屋自体は 思ったよりきれいでした。

家賃は25,000円!

かなり安い方なのではないかと思いました。

その後、赤羽近辺の空き家を探してみました。

赤羽の西側は高低差が激しく、今まで探した町の中でも一番坂が多くキツかったです。

さらに、結構古い建物が多いのに、空き家(廃墟候補)の家がなかなか見つからず、寒いなか探し続けること3時間!

何かが貼ってある、ボロボロの物件が。

なかなかの空き家?をやっと発見しました。

あたり一面、ゴミが捨てられていたりして、北区役所から、特定空き家に指定しますとの紙が貼ってありました。

ちなみに特定空き家とは、2015年5月、倒壊などの危険性の高い空き家を減らし、所有者に対し適切な管理と活用を促す「空家等対策の推進に関する特別措置法(通称:空き家対策特別措置法)」が全面施行されました。これにより、「特定空家等」(以下、「特定空き家」という。)に指定された空き家の所有者が、自治体の指導にもとづいた改善を怠った場合、50万円以下の過料が科されるようになったほか、固定資産税額の軽減措置対象から除外され、大幅な増税が行われるようになっています。

実際に特定空き家の紙が貼ってあるのは初めて見ました。

この後、もう1件発見し、寒くなった体を温めるために、町中華のチャーシュー麺を食べて終了しました。

万福というお店のチャーシュー麺

この季節の冷えきった中でのラーメンは格別でした!

本日の2件も大家を探してコンタクトを取って行きたいと思います!

にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました