ウイスキーのおすすめの飲み方について

お酒

こんばんは、Noriです。
ここ数年、ハイボールやジャパニーズウイスキーなどの人気でウイスキーブームとなってますが、ハイボールしか飲んだことがない。という方も少なくないようです。
そこで、おすすめのウイスキーの飲み方をご紹介していきます。

ウイスキー基本の飲み方

ストレート

「ストレート」は、ウイスキーに何も加えず 水や氷を入れずに、常温で味わう そのまま飲む方法。
ウイスキー本来の味や香りをしっかりと堪能できる飲み方ですが、度数が高いお酒なので、ごくごく飲むというよりは、少量を口に含んで舐めるイメージで楽しむのがストレートを楽しく飲む秘訣です。
お水や炭酸水などのチェイサーと一緒に楽しむのがおすすめ。

ロック

ロックは、ロックグラスに氷を入れてウイスキーを注ぐだけです。
氷で冷やすことで、ウイスキー特有の香りやクセが軽減されるためストレートよりは初心者でも飲みやすい方法です。
また、氷が解けることでアルコール度数を下げる効果もあります。
基本的に常温で保管されているウイスキーを冷やして味わいます。

水割り

ウイスキーに氷と水を入れてつくる水割りですが、日本国内で広まったもので、海外では水で割ることはあっても、そこに氷を入れるということはあまりしません。

水割りはウイスキーの強いアルコール度数をまろやかにし、甘み、風味が感じられます。
日本のウイスキーは水割りにも合うように作られているものが多いです。

ハイボール(ソーダ割)

「ハイボール」とは、「蒸留酒やリキュールを何かで割ったもの全般」のことを指すので、ウイスキー以外のお酒にもあてはまります。
日本では、ウイスキーのソーダ割り=ハイボールが一般的。
ハイボールは、居酒屋などでもよく注文される人気の飲み方です。
最近では、缶のハイボールがコンビニなどで売られていて、とても身近なものになりました。

トワイスアップ

トワイスアップとは、グラスにウイスキーと同量の「常温」の水を加えて飲むことを言います。
ウイスキーと常温の水を1:1で入れれば完成。
加水によって、まろやかな味を楽しむことができます。
ちなみに、トワイスは「2倍」という意味で、ウイスキーと水を1:1で割ることを示しています。
度数を抑えると同時に、ストレートのアルコールの強烈さを軽減させてくれるのでウイスキー本来の香り、味を評価するのに適して飲み方だとされています。

お湯割り

ウイスキーをお湯で割ることで、ホットウイスキーとも言います。
ウイスキーを温めることにより、香りが立ちます。
日本酒の熱燗や焼酎のお湯割りのようなイメージです。
個人的には甘めのウイスキーのお湯割りが香りもよくおすすめです。

まとめ

今回紹介した飲み方だけでなく、自分の好きな飲み物で割ってみたり、ウイスキーカクテルなど自由に楽しんでお気に入りを見つけるのが一番です。
慣れてきたら濃さを調整してみたり、ウイスキーの飲み比べ、水割り用の水、炭酸の銘柄を変えてみたりと楽しみ方はそれぞれです。
ぜひお気に入りの飲み方を見つけて、おいしくウイスキーを味わってください!

にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました